包茎手術の闇|ABCクリニックが年間2千件超の再包茎手術をする理由


包茎のことで悩んでいる方はとても多く、その数はなんと、成人男性の7割とも言われています。包茎を放置すると早漏や見た目だけでなく、悪臭や性病の原因にもなるので、クリニックで適切な治療を受ける必要があります。しかし毎年「100万円を超える高額な請求をされた」「縫合が雑で傷跡が残った」などのトラブルが後を絶ちません。包茎を治そうと奮起したのに、彼女とのエッチや温泉から距離を置くようになり、多額のローン地獄に追われる毎日…。
手術に成功して人生を楽しむためにも、クリニック選びが最重要です。この記事では、包茎手術の実態から正しいクリニックの選び方まで、クリニック選びに迷っている方に満足して頂ける情報をお送りします。

 

【目次】
1.包茎手術での被害
2.怪しい...行ってはいけない包茎専門クリニック3つの条件
  2-1 雑誌や中づりの広告が多い
  2-2 「術中・術後の料金に変化なし」の記載がない
  2-3 他院からの修正手術数が不明or少ない
3.実績だけが自慢です−ABCクリニックの特徴
  3-1 ABCクリニックはダントツ1位の他院修正治療数
  3-2 ABCクリニック公式サイト通りの明朗会計
4.包茎手術前後に絶対に知っておきたいこと
  4-1 包茎手術前のチェックポイント
  4-2 被害に遭ったときの対処法
    〇過剰請求に遭った場合
    〇包茎手術に失敗した場合
5.包茎手術でABCクリニックがおすすめな理由

 

包茎手術での被害

国民消費者センター PIO-NET(パイオネット:全国消費生活情報ネットワークシステム)に寄せられた情報によると、2011〜2015年の間に男性美容医療サービスの相談件数は2,131件にも上り、1997〜2003年度の相談件数合計:904件に比べると年々増加傾向にあることが分かります。また、相談の内訳では「包茎手術」によるトラブルが6割以上ともっとも多く寄せられています。
相談の内容は以下のような物理的なことから、美容整形外科業界の闇といわれている、利益至上主義な営業方針が浮き彫りになっています。

 ・手術後の痛みがひどい
 ・機能障害などの後遺症が出た
 ・縫合不全で尿道が欠損した 
 ・不要と思われる手術を受けた
 ・即日の施術を強く迫られた
 ・高額な自由診療

 


次に、具体的な事例を紹介したいと思います。

 

事例(国民消費者センターより転載)

@ 「広告では、7万円〜10万円とのことだった。クリニックで10万円くらいの手術を受けたい旨を伝えたところ、安い手術だと汚い仕上がりになると言われ、高い手術方法を勧められ総額約80万円の契約で、即日手術となった。2週間経つが術後の傷口がぱっくり割れてしまい、また、引きつれ感があり、陰茎部分が何も感じなくなってしまった。」

A「ネット広告を見て出向いた。医師とは思えない男性から説明を受け、手術台に上がらされ、医師から手術費用が65万円と言われた。また、「ヒアルロン酸を注射しないと包茎に戻る。15万円のものは一生残る」と言われ、約200万円の契約となった。痛みが引かず、泌尿器科を受診したら、一部が壊死していると言われた。」


この2つのケースは稀ですが、「ヒアルロン酸を注入したら次の日に全て漏れ出した」「手術台に固定されたときに料金を上積みされた」等といった普通ではありえないような事例が発生しており、しかも相談件数も年々増加傾向にあります。

 

高須クリニックの高須克弥院長は包茎手術のトラブル増加に関して以下のように述べています。「ホント詐欺みたいなのが増えてるんだよ。なんでもそうなんだけど、あらゆる産業は少しずつ劣化していって、詐欺みたいなことをする人が段々増えてきますから。」包茎手術のパイオニアである高須院長の目には今の包茎手術産業はほころび始めているように映るようです。

 

しかしちゃんとしているところも勿論あります。ではまず包茎手術の際、避けるべきクリニックの特徴を紹介します。

 


>>他店からの修正手術実績も多数!安心安全なABCクリニックはこちら!

 

行ってはいけない包茎専門クリニック3つの特徴

2−1 雑誌や中吊りの広告が多い

 


美容医療、特に男性美容では口コミには余り期待ができません。よほど良いクリニックであれば、口コミが集まりますが、他の業界に比べて集まりにくい性質があります。なぜなら、美容医療とは自分のコンプレックスを解消するサービスで、直接的に誰かに紹介してもらって行く場所ではないからです。

 

そのため、代替策として電車の中づりや雑誌裏に広告を載せるのです。例えば1週間、山手線に中づりポスターを出すのに500〜1500万円、ジャンプの裏に掲載するのに350万円ほどかかると言われています。たいていは1週間だけでなく何ヶ月分も掲載するので、多いところだと年間億単位の広告費をかけていることになります。この莫大な広告費をどこで回収するかというと・・・サービスを受ける消費者からですね。

こういった背景もあり、同じ治療でもクリニックによって治療費の差が大きく、広告費が多いクリニックでは下記のような傾向があります。

 

・基本料金が高い
・不要な治療を強要する
・高額な請求をする

 

ただ、全く広告を打たないということは難しい業界なので、広告を安価なネット広告に絞っているクリニックは安心といえます。

 

 

2−2 「術中・術後の料金に変化なし」の記載がない

 


これは、包茎手術でよくあるトラブルなのですが、最初の提示金額よりも手術を受けた後にあまりにもかけ離れた金額を請求されたというケースです。最初は10万円程度と言われていたのに、会計で100万円を請求された相談も寄せられています。この記載の有無は、それぞれのクリニックの公式サイトで確認できます。クリニックのカウンセリングの時に、納得のいく説明をしてくれるか?ということに追加してしっかりと確認するべき項目です。

 

 

2−3 他院からの修正手術数が不明or少ない

 


包茎手術のトラブルが増加すると、修正治療のニーズも高まってきます。修正治療は通常の包茎手術より難しい治療になるので、失敗するリスクを考慮して受けないクリニックも少なくありません。しかし言い換えると、修正治療を積極的に行っているクリニックは技術力に期待が出来ます。修正治療の実績数=技術力の高さなので、実績数が不明or少ないクリニックは包茎手術の場合でも避けておくべきでしょう。

 

以上の3点を満たしているところを選ぶと、クリニック選び、ひいては包茎手術で成功する可能性が高くなります。これを参考に、クリニック選びをしてみてはいかがでしょうか。

 


>>修正治療や他院と比較して決める人多数!日本全国展開で実績が自慢のABCクリニックはコチラ!

 

 

実績だけが自慢です−ABCクリニックの特徴

美容治療においては、「雑誌や電車の中吊りの広告で中身を判断するのではなく、明朗会計&実績が重要」と先ほどお伝えしました。この条件を満たしているクリニックは数えるほどしかありませんが、その中でも私はABCクリニックが最もサービスが良いと感じています。私なりにABCクリニックの良いところを紹介してみたいと思います。

 

3−1 ABCクリニックはダントツ1位の他院修正治療数

 


ABCクリニックでは全国15院にて、難易度の高い他院修正治療を積極的に受け入れています。毎年、業界最多の2000件以上の他院修正治療を受け持っており、昨年の治療数は2,436件との発表がありました。また「セカンドオピニオン率96.2%」という数字からも高い信頼性が見てとれます。
ABCクリニックが治療費を抑えるためにネット広告に絞っているのに、なぜこれほど人が集まるか?それは技術力とサポート体制のレベルが高いからです。

 

 

>3−2 ABCクリニック公式サイト通りの明朗会計

 


ABCクリニックでは、ホームページで公表している料金通りの明瞭会計です。他の治療を強引に勧誘することも一切ありません。包茎手術でのトラブルで多いのは追加料金で、手術後になって麻酔や糸を追加で請求されることが少なくありません。

 

ABCクリニックでは

とホームページ上にしっかりと赤字で明記していているので、こういった詐欺に巻き込まれる心配はありません。

 

患者さんにとって、他院修正治療の実績数とセカンドオピニオン率の高さは「安心」を生み、経歴が明記された専門医が手術するという事から「安全」を感じ、広告費削減と明朗会計によって「安価」に治療を受けることが出来ます。
安心(Anzen),安全(Anzen),安価(Anka)の「3A」がモットーであるABCクリニックでの手術で、人生は好転するでしょう。

私自身も包茎手術に成功してから自信が湧いてきて、40代にして色々なことにチャレンジするようになりました。この記事を見てくださっているあなたが50代であっても、遅くないですよ。

 


>>安価、安心、安全3つのA!ABCクリニックの限定割引キャンペーンはコチラ!

 

包茎手術前後に絶対に知っておきたいこと

では最後に、手術前のチェックポイント、そして術後に発生したトラブルの対処法についてまとめたので、参考にしてください。

 

4−1 包茎手術前のチェックポイント

 

・自分に必要な治療は何か
・その治療にどの程度金額が必要か

 

2.で取り上げた、怪しいクリニック3つの特徴を参考に、この2項目についてカウンセリング前にリサーチしておいてください。無駄な出費を抑えて、適切な治療だけが受けられます。

 

 

4−2 被害に遭ったときの対処法


過剰請求に遭った場合

医療安全支援センター(※)で医療に関する相談や悩みを受け付けているので、こちらで対応してもらえます。相談方法は、面談・電話・手紙・Eメール・FAXなど各センターによって相談方法が異なるので、最寄りのセンターにお問い合わせください。

 

※全国に380カ所ある、医療を専門とした相談・情報提供施設
リンク:医療安全支援センター http://www.anzen-shien.jp/center/ 

 


包茎手術に失敗した場合

◯傷跡(ツートンカラー)が目立つが機能自体には支障がない
手術自体は失敗していないので、無料再手術は適用されない可能性が高いです。改善したい場合は修正治療を扱っている他のクリニックに問い合わせてみてください。

 

◯事前説明と全く違う仕上がりで機能に支障をきたしている
同じクリニックで無料再手術をしてもらえる可能性があります。契約書を読み返して、問い合わせてください。クリニックよっては理不尽な態度をとる場合があるので、忘れずに録音をしましょう。

 


>>あなたに必要な治療はどれ?ABCクリニックで無料カウンセリングはこちらから!

 

包茎手術でABCクリニックがおすすめな理由

毎年10万人の男性が受けている「包茎手術」。件数も多いだけに、悪質なクリニックも多く、男性美容医療の被害相談の6割が包茎手術関連で占められています。包茎は性病や陰茎ガンの発症リスクがあることから早期の治療が求められるだけに、適切なクリニック選びが非常に重要になります。

 

今回紹介したABCクリニックは信用性が高いので、まずはココでカウンセリングを受けてみることをオススメします。間違えても電車の中吊りや雑誌裏に記載されているクリニックにはいかないように気を付けてくださいね。

 


>>信用性バツグン!限定割引キャンペーン中のABCクリニックはこちら!

 

ABCクリニックTOPへ